検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地震の長期確率を公表=太平洋沿岸で上昇―政府地震調査委(時事通信)

2010.05.27
 政府の地震調査研究推進本部の地震調査委員会は20日、2010年版の「全国地震動予測地図」を公表した。30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率は、昨年版と比べ南海地震の発生確率が高まったとして、関東南部から四国の太平洋沿岸で0.1%~1.6%上昇した。
 都道府県庁所在地の市役所(北海道は総合振興局・振興局庁舎、東京は都庁)ごとでは、静岡(89.8%)や津(85.9%)など太平洋沿岸で高い数字を示した。昨年比では、1.6%増の高知(63.9%)や1.5%増の徳島(61.2%)などが上位になった。また千島海溝沿いで地震の発生確率が上がったため、北海道東部などでも上昇した。
 一方、新潟県中越地方や福井県北部などでは、付近の断層帯の長期評価が改訂されたため、発生確率は若干低くなった。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕中国青海省地震
オムロン、中国大地震で義援金700万円
震災時の体制整備、市区町村は6%=自治体の業務継続で調査
トヨタ紡織、中国大地震で義援金500万円

<わいせつ>逮捕の警部補、捜査資料を悪用か 新潟(毎日新聞)
法定金利の109倍の利息 090金融業者8人を逮捕 警視庁(産経新聞)
関東甲信、雷雨に注意=北・東日本は2週間低温―気象庁(時事通信)
女性アナ派遣見送り サッカー南アW杯(産経新聞)
<口蹄疫>ワクチン接種してもなぜ殺処分?(毎日新聞)
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。