検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車内で女子学生の体触る 税務署員を現行犯逮捕(産経新聞)

2010.04.24
 電車内で女子学生の体を触ったとして、兵庫県警西宮署は17日、県迷惑防止条例違反容疑で、福知山税務署総括上席国税調査官の木山博貴容疑者(44)=京都府福知山市=を現行犯逮捕したと発表した。同署によると「やっていない」と、容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、16日午後10時半ごろから数回にわたり、JR東海道線米原発上郡行きの快速電車内で、隣の席に座っていた私立短大1年の女性(18)の太ももなどを触ったとしている。電車がJR西宮駅に停車したところで女性が木山容疑者の手をつかみ、駅員に被害申告した。木山容疑者は単身赴任中で、神戸市内の実家へ帰る途中だったという。

 大阪国税局の秀島友和・国税広報広聴室長の話 「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。容疑が事実であれば、確認でき次第、厳正に対処します」

【関連記事】
夜行バスでストッキング下げ… 強制わいせつ容疑で東京消防庁職員逮捕
女装男が男を…性同一性障害患者の「痴漢」に周囲フクザツ
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕
勤務先で多発、子供が大半…浮かび上がる教員のわいせつ行為
取り押さえた痴漢の妻を恐喝 容疑の男を逮捕
外国人地方参政権問題に一石

バウンドの衝撃で左翼折れ横転 フェデックス貨物機着陸失敗で経過報告(産経新聞)
松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)
社会医療法人、94法人に(医療介護CBニュース)
「不適切な行為」と謝罪、虐待は認めず 宇都宮の老人施設(産経新聞)
大宮盆栽美術館 トラブル続きで注目?入館者数は順調(毎日新聞)
スポンサーサイト

<普天間移設>民主県連が「徳之島」撤回要請へ(毎日新聞)

2010.04.22
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、民主党鹿児島県連(代表・川内博史衆院議員)は19日午後、鳩山由紀夫首相に対し、徳之島移設案の白紙撤回を正式に申し入れる。

【関連ニュース】
普天間移設:「一つの民意」反対集会に首相
普天間移設:「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会
普天間移設:徳之島で反対集会 1万5000人が参加
普天間問題:徳之島案撤回を 民主党鹿児島県連が要請へ
普天間問題:鹿児島県内移設に反対派が集会

元阪神・掛布さんの自宅、競売開始を決定(読売新聞)
地方への逆流 韓国、法科大学院の誕生で(産経新聞)
首相、「財政健全化へのロードマップ」作成を指示 参院選マニフェストに向け(産経新聞)
JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」-報告書漏えい(時事通信)
政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)

民主、桂きん枝氏を擁立へ 参院選比例(産経新聞)

2010.04.20
 民主党は16日、夏の参院選比例代表に落語家の桂きん枝氏(59)=本名・立入勉三(たちいり・べんぞう)=を擁立する方向で最終調整に入った。複数の党関係者が明らかにした。来週にも正式決定する。きん枝氏は大阪市城東区出身。吉本興業に所属し、上方落語協会理事、上方落語を聴く会会長などを務めている。

元最高裁判事の理事長に無利子・無担保融資(読売新聞)
地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ(時事通信)
街開き43年“ふるさと化”なるか 高齢化の泉北ニュータウン(産経新聞)
産廃処理業者3社、処理法違反で許可取消し(産経新聞)
JR東海7人、私鉄無賃乗車=IC乗車券の記録消去(時事通信)

プライバシー配慮?「裁判員」回避で強姦容疑に(産経新聞)

2010.04.13
 大分市内で20代の女性が男から性的暴行を受けてけがをする事件があり、大分県警が被害者の意向を酌み、裁判員裁判の対象となる強姦致傷容疑でなく強姦容疑で男を逮捕、送検していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。性犯罪の裁判員裁判では被害者のプライバシー保護が課題となっており、女性の意向が立件に影響した。

 県警によると、被害女性は昨年9月4日深夜、性的暴行を受け、軽傷を負った。県警は強姦致傷事件として捜査、同県杵築市相原の無職、半沢周二容疑者(37)=別の女性に対する強制わいせつ罪などで公判中=が浮上。しかし女性が「事件を知られたくない」と訴えたため、今月6日、裁判員裁判の対象にならない強姦容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 裁判員法により、最高刑が無期懲役の強姦致傷罪は裁判員裁判の対象となるが、強姦罪は3年以上の有期刑のため対象外となる。

【関連記事】
裁判員裁判は損? 勾留が長期化、1年で判決25%
専門家ですら…「責任能力」素人判断の難しさ 裁判員裁判
裁判員裁判の事前準備徹底を 手話通訳の手配ミスで最高裁
薬物事件「裁判員制度に向かない」 疑問相次ぐ
裁判員裁判 遺体写真「必要だった」と裁判員

「国家公務員の働きに感謝」新人キャリアに首相訓辞(産経新聞)
宇宙飛行士、山崎さん出発 向井さん「ご両親もほっと」(産経新聞)
普天間で結束確認=社民(時事通信)
会社の金で高級ブランド品=海外旅行、ホストクラブ…-容疑で女逮捕・福岡(時事通信)
銀座にカーネーションの花壇(産経新聞)

抗凝固薬アリクストラに急性肺血栓塞栓症などの効能追加申請―GSK(医療介護CBニュース)

2010.04.08
 グラクソ・スミスクライン(GSK)は3月31日、「急性肺血栓塞栓症(急性PE)」と「急性深部静脈血栓症(急性DVT)」の治療薬として、抗凝固薬アリクストラの効能追加に係る承認申請を厚生労働省に行ったと発表した。

 今回の申請は、国内の急性PE、急性DVT患者を対象に、アリクストラの有用性を確認した臨床試験結果などに基づく。

 アリクストラは、血液が凝固する過程で中心的に働く活性化第因子(a因子)を選択的に阻害するa阻害剤で、下肢整形外科手術施行患者に対する静脈血栓塞栓症の発症抑制を効能効果として2007年4月、製造販売承認を取得。08年5月には、腹部手術施行患者に対する静脈血栓塞栓症の発症抑制の効能効果を追加取得していた。

 現在国内で使用可能な急性PEや急性DVTの治療薬としては、抗凝固薬のワルファリンなどがあるが、GSKによると、いずれも臨床の中で応用的に使用されている薬剤で、日本人でのエビデンスが十分でない上、投与の際には患者の血液を採取して検査値を調べ、投与用量を決めるといったモニタリング作業が必要で、利便性の面でも課題があったという。


【関連記事】
エドキサバンが術後静脈血栓塞栓症の予防で標準薬と同等の効果―第一三共
スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省
GSK、日本市場で高成長
子宮頸がんワクチン、22日に発売―1000施設以上が採用の意向
国内初のロタウイルス胃腸炎予防ワクチンを承認申請―GSK

金沢の山中遺体、20~30歳代の女性(読売新聞)
自民、選対本部長代理に石破、石原、小池氏 舛添氏は拒否(産経新聞)
京都大 「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)
TBSの責任指摘 郵便物開封問題でBPO(産経新聞)
民主党の小沢幹事長にまつわる忖度政治の代償(産経新聞)

北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か-福岡県警(時事通信)

2010.04.05
 北橋健治北九州市長あてに、危害を加えることをほのめかす内容の脅迫状が送付されていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。市長は、指定暴力団工藤会に対する住民の反対運動に参加しており、福岡県警小倉北署などは運動に絡み暴力団関係者が送付した可能性もあるとみて、脅迫容疑で捜査している。
 捜査関係者によると、脅迫状は29日午前、市長あてに封書で市役所に届いた。同市内の消印で、差出人の名前はなかった。 

【関連ニュース】
知事あてに薬きょう郵送=朝鮮学校の扱いで批判文書も
サイトに上司の殺人依頼=パート女性、容疑で逮捕
脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕
民主党に実弾?郵送=小沢幹事長を批判

東京スカイツリー 東京タワー抜く 高さ338メートルに(毎日新聞)
生きる 募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
<火災>駐車場で車炎上…中に2人の焼死体 札幌の清掃工場(毎日新聞)
21歳陸士長、隊員寮から10万円盗んだ疑い(読売新聞)
指定弁護士3人を選任 JR福知山線脱線事故で神戸地裁(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。